« 2011年9月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

創作焼鳥あやむ(長居)

Sasimi

 たしか去年のラストもこのあやむさんだったような気がします。もう今年も終わりですね。今年はいろんなことがありそれだけが理由ではありませんが、ブログの更新もかなり怠りました。まあ来年からもぼちぼちやっていきます。
 ということであやむさんですが、なんといってもまずはこの
「刺身3種盛」(780円)でしょう。これをいただきにいってるようなもんですhappy01センマイはいつも2人前注文します。特にきもがとろけてめっちゃマシッソhappy02でしたよ。

Toriyaki

 次は焼き物ですね。これもいつもどおり
「7種盛」(2180円)でいきます。ずり、ナンコツ、きも、せせり、むね、ハツ、あと一つは忘れましたが、どれも新鮮でナマでもいけそう。

Mentaikouinna

 さらに
「明太子ウインナー」を追加。

Tukune

 そしてもちろん
「チーズフォンデゥつくね」もいっときます。

Yaki

 自分のペースで焼いて食べます。ビールもすすみ、ほんまマシッソhappy02です。

Agedasikamannberu

 創作というだけあって一品料理もなかなかです。こちらは
「揚げだしカマンベールチーズ」です。和風の味付けチーズってなかなか不思議な感じでマシッソhappy02でした。


Torigyouza

 
「鶏皮ギョウザ」です。表面がパリッとしてて、餡はつくね風でした。マシッソhappy02

Makokori

 ブームだけあってマッコリがおいてありましたがその名も
「唐草マッコリ」です。なんで唐草なのかは、和風マッコリだからだそうですが、よくわかりませんcoldsweats01ただ氷は不要だったかな。

Tyannjyazousui

 最後は
「チャンジャ茶漬け」で〆ます。鳥のスープとチャンジャが最高にあっててマシッソhappy02でした。
 1年ぶりだったにもかかわらず、マスターはよく覚えてくれていて、また赤のジャンパー話で盛り上がり?ましたcoldsweats01今度はまた近いうちにいきます。チャルモゴッソヨdelicious

 ということで皆さま良いお年をお迎え下さいhappy01

店 名:創作焼鳥あやむ
所在地:大阪市住吉区長居西2-11-5
TEL:06-6691-2360
営業日:17:00~1:00

無謀にもランキングに参加中
coldsweats01

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

元祖辛麺ゆうさん(難波)

Karakara

 たしか夏頃におばちゃんがお店をやめて何ヶ月か休憩してから、またお店を出すので、その時は案内を送ります、といってくれて3ヶ月くらいでしたか。待っていました。新店の名前もそのまま「ゆうさん」ですね。案内をいただいてようやく行くことができました。久しぶりでしたが元気そうでよかったhappy01このおばちゃんとはすごい縁があるんです。まあそれはいいとして、さっそく
「辛麺30辛」(1200円)に水餃子をトッピングしました。かつて100辛に挑戦したことがありますが、30辛くらいがちょうどよいです。お味はほんと以前と変わりなく、韓国風の麺にひき肉、たっぷりの卵とニラ、そしてこの辛さが最高ですね。マシッソhappy02これだけでもお腹一杯ですが、サービスのライスをいれて雑炊にします。スープがうまいので雑炊もうまいです、マシッソhappy02

Tujimoto

 吉本新喜劇の辻本さんが、ここのおばちゃんの大ファンなんですよね。何度かお見かけしました。またおばちゃんの辛麺が食べられるので嬉しい限りです。ちょこちょこ行きますのでよろしくです。チャルモゴッソヨdelicious

Kanban

店 名:元祖辛麺ゆうさん
所在地:大阪市中央区西心斎橋2-6-10正久ビル1階
TEL:06-6213-8460
営業日:11:00~14:30 17:00~23:30

無謀にもランキングに参加中coldsweats01

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

稲庭うどん 宗八(日本橋)

Udon

 日本橋電気街の少しはずれに名店発見ですhappy01まあ、業界では有名みたいですが、センマイ的に大ヒットしたのが、ここ「稲庭うどん宗八」さん。いわゆる手延べうどんといわれる超細めんで、釜揚げかざるしかありません。あとはかやくごはんのおにぎり。上品そうなおばちゃん2人で切り盛りしているようです。男性なら大盛りとおにぎりでちょうど良いくらいとアドバイスしてくれましたが、前日の飲み会ダメージから
「釜揚げうどん大」(650円)だけを注文しました。つやつやの細面はのど越しが良く、出汁の味も良くて、めっちゃマシッソhappy02でしたよ。

Kayaku

 胃の調子もよくなってきて、やっぱり
「かやくおにぎり」(100円)を追加。シンプルな味わいでこれもマシッソhappy02でした。おばちゃんも親切で気持ちの良いお店でした。再訪決まりですhappy01チャルモゴッソヨdelicious

Kanban

店 名:稲庭うどん 宗八
所在地:大阪市浪速区日本橋5-14-2
TEL:06-6636-3003
営業日:11:30~19:00 火曜・第2・4水曜休み

無謀にもランキングに参加中coldsweats01

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

七弐八製麺(南船場)

Dsc_0210

 本日はうどんを食べに南船場にある「七弐八製麺」さんへいってきました。「なにわ」って読むんですね、最初は気づきませんでしたcoldsweats0112時まえでしたが店内はほぼ満席。ユニークなメニューがけっこうあって、興味をそそります。なんでも関西うどん巡礼の札所ということでその限定メニュー
「濃厚旨辛赤饂飩」(780円)を温でいただきました。鶏天が3つもついてるんですが、意外とあっさりしてます。コチュジャンにごま油の風味のあるたれにうどんをまぜまぜしていただきます。最初はあまり辛さは感じませんが、食べすすめていくうちに、だんだんと辛くなっていきます。コチュジャンの特徴ですね。うどんは若干細めんで、たれとよくからんでマシッソhappy02なかなかいけます。もう少しうどんの量があったら嬉しいかなhappy01

Dsc_0211

 一方、久々のマイさんは
「ピリ辛鶏汁つけうどん」(850円)を温でいただきました。このつけ汁ですが魚介系のスープでマシッソhappy02ラーメンでもいけそう。こちらの方がうどんの味を純粋に味わえますね。辛さも調整できます。

Dsc_0209_2

 で、せっかく巡礼店にきたのに用紙を忘れていて、スタンプをいただけずcoldsweats02あまりにも久しぶりだったので。また再訪します。カレーうどんが気になりますので。チャルモゴッソヨdelicious

Dsc_0212

店 名:七弐八製麺
所在地:大阪市中央区南船場1-8-19ブレーブタワー心斎橋イースト1階
TEL:06-4964-0135
営業日:11:00~15:00 17:00~21:00 日・祝休み

無謀にもランキングに参加中coldsweats01

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

農家厨房(肥後橋)

Photo

 最終更新から3ヶ月近くさぼっていましたcoldsweats02とはいえいろいろありまして、また復活させます。更新の仕方を忘れかけております。リハビリみたいにぼちぼちとやっていきます。

 さて復活第一弾は、肥後橋にある「農家厨房」さんです。けっこう人気店みたいで、特に女性が多かったです。それもこの
「御粥ランチ」(850円)がお目当てのよう。さっそくセンマイもいただきました。御粥とおもってあなどるなかれ。しっかりと塩味が効いていて、量もたっぷり。ザーサイと一緒に食べたらマシッソhappy02これはいけます。しかもおかわり自由。当然、おかわりしましたよhappy01このランチには蒸し野菜と飲茶3種。肉まんは餡を湯葉で包んでいて面白い工夫がなされてます。しゅうまいも大根餅も意外とあっさりしてて、マシッソhappy02でしたよ。

Photo_4 

 食前に冬瓜のスープがでます。これもあっさりしててマシッソhappy02少しレモンの風味がしていいですねえ。

Photo_2

 デザートのマンゴープリン。これが一番濃厚でしたがhappy01評判どおりマシッソhappy02でした。

 御粥では物足りないかたには、何種類かのランチもあります。でも大食いのセンマイでも十分満足できましたよ。またリピートします。チャルモゴッソヨsmile

店 名:農家厨房
所在地:大阪市西区江戸堀1-1-9
TEL:06-4803-7803
営業日:11:30~14:00 17:00~21:00 日・祝休み


無謀にもランキングに参加中coldsweats01

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2012年2月 »