韓国・海外

2010年12月 5日 (日)

済州島 4日目 テワンカデゥン

Buta

 済州道最終日は
「ホンテジカルビ(黒豚のカルビ)」(1人前9000W 約850円)を田舎の村でいただいました。やっぱり済州といえば、海産物とこれです。日本ではサムギョプサル(豚の三段肉)は有名ですが、これはオギョプサル(五段肉)で肉厚があり、脂身がしっかりついてます。カリカリになるくらいに焼いて、チシャやゴマの葉につつんで食べたら、とってもマシッソhappy02ですよ。ほんとに済州の豚は最高です。
 ということでようやく済州道3泊4日の旅は終了です。済州は行くたびに開発が進み、観光資源にますます力をいれてる感じですが、それと同時に大切なものも失っていってるような気がしました。また訪れます。チャルモゴッソヨdelicious

Mise

店名:テワンカデゥン
所在地:西帰浦市城山邑水山里274-1
TEL:064-782-8787

無謀にもランキングに参加中coldsweats01

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

済州道 3日目 ファングンダッカルビ

Dakkarubi

 さて、もうそろそろ飽きてきた?済州道のグルメ紹介ですが、もう少しお付き合いをhappy01この日の夜は昼間さんざん食べたのでなかなかお腹がすかず、町の市場にいって買い物をして遅めの夕食になりました。すこしあっさりめを行こうと3人でダッカルビ(鳥のカルビ)のお店へ。最近は日本でも食べることができるんじゃないですかねえ。ということで
「ポテゥンダッカルビ(普通の鳥カルビ)」(一人前9000w 約850円)を3人前いきました。普通って何?って思いますよねえ。それは辛さ。「辛いダッカルビ」というのがメニューにありました。ただ・・・普通だからといって普通じゃないのが韓国料理。最初は平気だったのがだんだん辛くなって、めっちゃ辛い!!でもめっちゃマシッソhappy02鶏肉は柔らかく、キャベツとトッポギもマシッソhappy02そしてなんといっても安い。これだけ食べて、3人で3000円くらいですからねえ。最後に麺を入れて〆ましたhappy01済州道最後の夜は安上がりで。でもこのあとホテルのカジノに行って、どうなったかは内緒の方向でweepチャルモゴッソヨdelicious

Torimise

店名:ファングンダッカルビ
所在地:東門ロータリー第一銀行近く
TEL:064-758-9346
営業日:?


無謀にもランキングに参加中coldsweats01

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

済州道 3日目 ノリャンジン

Nabe2

 3日目のランチはラマダホテル近くのノリャンジンというお店でいただきました。この周辺のお店になると日本語でメニューが書いてあって、値段も少々観光客値段な感じです。いろいろ食べようということで、まずは
「チョンボックトペギ(あわびの野菜鍋)」に人数分のあわびをいれてもらいます。鍋の一人前は12000w(約1000円)

Awabinabe

 後入れのあわびが鍋の中で踊ってますcoldsweats01

Nabeawabi

 豆腐や野菜、他の貝類と一緒にいただきます。とってもマシッソhappy02辛さもほどよく、なんといってもスープが最高です。

Ika

 
「オジンオフェ(いかの刺身)」(30000w 約2700円)これも新鮮でいかの甘みがとってもマシッソhappy02でしたよ。

Tatiuo

 
「カルチジョリン(太刀魚の甘辛煮)大」(45000w 約4000円)済州島にきたらこれを食べないと。これはめっちゃ好きです。もちろんとってもマシッソhappy02見た目ほど辛くありませんよ。

Amadai

 
「オクドンクイ(アマダイの焼き物)」(35000w 約3000円)このアマダイはめっちゃ脂が乗ってて、とってもマシッソhappy02でしたよ。

Okazu2

 おなじみのサービスのおかずです。この手前のは
「ソラチョ(さざえの塩辛)」なんですが、実はこれがめっちゃマシッソhappy02やったんです。このたれをごはんにかけて、ごま油をかけて食べてみろと店の人がいったので、ためしにそうしたら、とんでもなく美味くて、ごはん2杯いってしまいましたcoldsweats01注文を受けてくれるとのことで、おみやげに3個買って帰りました。めっちゃ好評です。

 ということで済州道の定番もあり、新発見もありので海鮮を満喫させてもらったお店でした。チャルモゴッソヨdelicious

Kanban

店名:ノリャンジン
所在地:ラマダホテル横、Eマートの前
TEL:726-7766
営業日:?

Awabigayu2

 ちなみにこの日の朝はラマダホテルの前のお店で
「チョンボクチュ(あわびがゆ)」をいただきました。あわびのキモをつかった最高にマシッソhappy02でした。あわびは生よりもこれが一番美味しいかもです。あわてていたので、店名などの記録なしですcoldsweats02

無謀にもランキングに参加中coldsweats01

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

済州道 2日目 七億兆

Gyuu

 2日目の夜は済州道の連合青年会という自営業者などの団体との交流で、七億兆という凄い名前の焼肉屋へいきました。ここはいわゆる韓牛の専門店です。牛は韓国といえどもなかなかいい値段しますが、接待でしたのでいくらかわかりませんcoldsweats01写真からもこの肉の新鮮さが伝わるのでは。サシの具合が和牛とは違うようです。

Yakiniku

 焼きます。適度に焼けたら、ごま油と塩のたれでいただきます。あっさりしててとってもマシッソhappy02いくらでも食べられそうです。脂身が少ないんですよねえ。

Reba

 前菜で生レバとセンマイをいただきます。これが新鮮でマシッソhappy02その後はひたすら韓牛をいただきました。

Reimen

 〆は冷麺で。これがまた本番のお味。マシッソhappy02


Tigew

 他の人はテンジャンチゲとご飯で。いや~これはかなりの贅沢ですよ。相当高かったように思います。ただ、牛の焼肉にかんしては日本の方がうまいかもしれませんね。お店にもよりますが、年配者は韓国、若者は日本、みたいな感じです。いやでも、こんな経験なかなかできませんよ。チャルモゴッソヨdelicious

Nanaokutyou

店名:韓牛専門店 七億兆
所在地:済州市ノヒョン洞1289-3
TEL:064-747-5588
営業日:?

さてさてゴルフが終わって食事会まで時間があったので、観光を少し。ミニミニランドという世界遺産のミニチュア公園にいきました。淡路島にあるオノコロとまったく同じ。

Oosakajyou

 大阪城がお出迎え。夜の晩餐会のためにお腹が減るよう歩くためにきました。そこで面白いものを発見。

Wanpisu

 わ、ワンピース??かなり微妙。ゾロが刀1本しかもっていないし・・・

Wanpisu2

 サンジの足はよくあがってますhappy01商標なんてとってないでしょうねえ・・・・coldsweats02


無謀にもランキングに参加中coldsweats01

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

済州道 2日目 キョレソンカルククス

Torikukusu

 さて2日目のお昼はキョレソンカルククスといういわゆる韓国のうどん専門店にいきました。こちらで
「トジョンタックカルククス(鳥のうどん)」(7000W 約650円)をいただきました。鳥のだしが最高に効いたスープに麺は緑色。豆を練りこんであるそうです。これがとってもマシッソhappy02量もかなりあってこれだけでも十分満足なんですが・・・・。

Pajyon

 これだけでは済まないのが韓国coldsweats01このでかいチヂミは
「カムジャパジョン(ジャガイモのネギ焼)」(10000w 約900円)海鮮たっぷりでいい具合に焼けていてとってもマシッソhappy02ビールやマッコリのあてに最高です。

Kimuti

 定番のカクテギとキムチ。やはり本場もんはマシッソhappy02

Kaikukusu

 さてこちらのお店のカルククスはこの
「コンメミルカルククス(貝のうどん)」(9000w 約850円)が有名らしくこちらを食べてた方に写真を撮らせてもらいました。おいしそうでしたよhappy01

Menyu

 こちらがメニューです。韓国のうどんも日本に負けずいい味を出しています。ただとてつもない量なので小食の方は一つでもわけて食べるといいでしょう。

Hejyanku

 ちなみに朝はゴルフ場で
「ヘジャンク」をしっかりいただきました。めっちゃ辛かったですが、とってもマシッソhappy02でした。済州道のゴルフ場は風が強くて難コースでした。スコアは聞かないようにcoldsweats02チャルモゴッソヨdelicious


Ranti

店名:キョレソンカルククス
所在地:済州市チョチョンウップキョレリ491
TEL:064-782-9870

無謀にもランキングに参加中coldsweats01

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

済州道 1日目 パダプンギョン

Zensai

 済州道といえばやはり海鮮。ということで夜はパダプンギョンという刺身屋さんにきました。さっそく、前菜いただきます。海のもの中心ですね。それにしても韓国のわさびだけはどうしようもないですねcoldsweats01醤油とわさびは日本から持ち込みました。ただチョジャンで食べてもOKです。

Sasimi1

 さあ刺身盛りがでてきましたよ。まずはあわびにさばにタチウオといったとことですね。新鮮でマシッソhappy02

Sasimi2

 つづいて、たこ、えび、かき、ほや、甘エビ。ほやは苦手なのでダメ。それ以外はまあまあですね。

Funamori

 メインは鯛づくしの船盛り。おお!これはすごい。鯛は皮付きからいろんな部位が楽しめました。マシッソhappy02

Amadai

 つづいて焼き物。アマダイですね。済州はアマダイが最高です。マシッソhappy02

Okoze

 おこぜの中華風甘煮焼ってとこですかねえ。白身でマシッソhappy02さすが高級魚です。

Sake

 飲み物はビールに焼酎。韓国ビールはかなりライト。焼酎は甘いっす。

Aranabe

 〆はあら鍋。刺身で使ったお魚のあらを使用してるのでしょう。これがいいだしがでて、マシッソでしたよ。

 ということで一日目の晩餐会が終了。ここは済州道知事のおもてなしのため値段がわかりません。今まで紹介してきたのは4人前の量です。おそらく一人日本円で3000円くらいでしょうか。チャルモゴッソヨdelicious

Padabungyon

店名:パダプンギョン
所在地:?
TEL:743-7779
営業日:?

無謀にもランキングに参加中coldsweats01

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

済州道 1日目 松林院

Sangetan

 済州道から帰ってきましたhappy01さあいろいろ美味しいものを紹介していきます。まずは到着1日目。9時の飛行機で10時半頃到着。この日のランチは済州大学校のみなさまが連れて行ってくれた「松林院」というお店で
「チョンボクサンゲタン(あわび入りサンゲタン)」をいただきました。いきなりサンゲタンはうれしい。しかもあわび入りですよ。これはまさに済州ならではhappy01サンゲタンは疲れた身体に力を与えてくれるので、まさに大学のみなさまのおもてなしの心を感じます。飛行機で1時間ほど揺られてきただけなのにcoldsweats01。さてお味ですが、鳥は柔らかく、臭みもなく、とってもマシッソhappy02これはいきなり凄いですよ。

Sangetanawabi

 普通のサンゲタンと違うのはこのあわび。このあわびがスープをさらに美味しくしています。あわび自身は小ぶりですが、身がひきしまっていて食感がよく、マシッソhappy02ほんま贅沢な一品です。

Okadu1

 韓国といえばこの前菜たちですよね。これだけでも十分なときがありますhappy01ごちそうしていただいたのでお値段がわかりません。おそらく日本円で2千円くらいかなと。それでも安いですね。幸先のよいスタートです。チャルモゴッソヨdelicious

Tikurinninn

店名:松竹院
所在地:済州市イド2洞114-2 カンデゥラク145号
TEL:064-725-3322
営業日:?


無謀にもランキングに参加中coldsweats01

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

済州島はとってもマシッソ②

8/27(木)
Photo
【ランチ】
 
石焼きピビンパ(7000w 約650円)

 済州島でも西帰浦市は観光リゾート地となっていて、その分、食事も高い感じがします。それでもこちらの石焼きピビンパはとってもマシッソhappy02でした。

 シヌソンタウン
  住所:西帰浦市サエダル洞282-2
  TEL:738-7830

Photo_3

Photo_2
【おやつ】
 
マッコリ(5000W 約450円)
 よもぎのチジミ(5000w 約450円)


 途中、マッコリの美味しい店があるとかで、寄ったお店。よもぎの入ったチジミはなかなか珍しい。そしてたしかにマッコリはマシッソhappy02でした。お店は不明。

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7
【ディナー】
 
刺し身セット(32,000w 約3,000円/1人)

 最後の夜は豪勢にいこうということで、刺し身屋さんへ。前菜として太刀魚、マグロ、ほや、シャコが、メインは鯛とヒラメ、イカフェ、アワビ焼き、〆はそれらのアラで炊いた海鮮スープとほんと贅沢の極み。それが一人3,000円程度という安さ。お味はもちろん、マシッソhappy02でしたよ。

 チェイルフェチプ(第一刺身家)
  住所:済州市タプ洞Eマート前
  TEL:753-6600

 最終日はまた次回へ・・・

 無謀にもランキングに参加中coldsweats01

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

済州島はとってもマシッソ①

 8月25日から28日まで出張で韓国の済州島にいってました。そこで食べてきたものを紹介しますhappy01なるべく観光客の行かないお店に行こうというのがコンセプトです。

8/25(火)
Photo
【ランチ】
コギクッス(豚肉の韓国風うどん 4500W 約400円)

 到着して最初はまず軽いものをということで、韓国風のうどんを食べに。まずトッピングの蒸し豚がとろり甘くて、とってもマシッソhappy02スープも豚骨風で、麺は細く、まるであっさりした豚骨ラーメンみたいでした。ランチタイムを過ぎているにもかかわらず、地元の人でいっぱいでした。
Photo_2
 クッス会館
  住所:済州市(チェジュシ)二徒1洞(イドイルドン)1313三姓穴近く
  TEL:759-6644

Photo_3

Photo_4

Photo_5 
【ディナー】
コデゥンオチム(鯖の焼き物 20000W 約1800円3人前)
カルチチョリン(太刀魚甘辛煮込み 20000W 約1800円3人前)
チョンボクヂョン(アワビの焼き物 30000w 約2800円3人前)


 夜は海鮮系をということで、済州島の名物をそれぞれいただきました。鯖はとっても脂がのっており、太刀魚は身がたっぷり、アワビは小さいながら、もう文句なしの美味しさ、めっちゃマシッソhappy02でした。残念ながらお店を忘れてしまいました。調査中。

8/26(水)
Photo_6
【朝 食】
ヘジャンク(解腸スープ 5000w 約450円)

 ヘジャンクは牛肉と野菜を煮込んで、<ソンジ>という牛の血の煮こごりを入れたスープ。二日酔いに効くとか。牛の血というのにちょっと抵抗ありますが、これがなかなかマシッソhappy02でしたよ。

Photo_7
 ミチュンヘジャンク
  住所:済州市サンド2洞143-2
  TEL:758-7522

Photo_8
【ランチ】
チョンボクチュン(アワビのお粥 10500w 約950円)

 済州島は海産物が豊富で海女さんの島。特にあわびは高級品ながらよく食べられます。このアワビのお粥はあわびの腸を入れているので、写真ではわかりにくいですが、緑色してます。これがとってもマシッソhappy02あわびもたっぷりです。このお店は現役の海女さんが経営され、いまでは超人気店になってるようです。
Photo_9
 ヘニョエチプ(海女の家)
  住所:西帰浦市城山邑オチョリ3
  TEL:784-7789

Photo_10

Photo_11 
【ディナー】
サムギョプサル(豚三段バラの焼肉 25000w3人前 約2200円)
コプチャン(ホルモン 15000w3人前 約1300円)

 済州島は海産物以外に豚もとっても美味しいので、豚の焼肉をいきました。日本で食べるサムギョプサルとは少し違い、肉厚がとても分厚くて、ボリューム満点happy01ホルモンは牛のテッチャンです。これもプリプリしてマシッソhappy02でした。
Photo_12
 ヌルボントンテジ
  住所:済州市ノヒョン洞2343-3
  TEL:744-9001

 次回へ続く・・・

無謀にもランキングに参加中coldsweats01

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)